アコースティックギター

2014年02月20日


第38弾は MARTIN D-45 です。

確か1993年製のレギュラーモデルです。
出来が良いといっても、コピーモデルばかりが集まった処で然程の意味も為さない為に、一応楽器を始めた頃に憧れていたD-45を手に入れようと、御茶ノ水を歩き回り、手に入れたいモノと手に入れられる予算を考えながらチェックしてましたが、結局購入するまで半年ぐらい時間が掛かりましたね。
古いモノはまた違うのでしょうが、現行のギターの中でもD‐45は倍音や出音が弾いている人間と聴いている人間でかなりの違いが在ります。
弾いてもらうと、簡単に弾いても倍音とその煌びやかな感じは圧倒的に感じられるのに、自分で弾くと倍音は聴こえるものの他人が弾いたものと比べるとかなり落ちます。
反対に低音は直接バックやサイドから、身体に響いてきますので、弾いている本人は低音は聴く側よりもより強く感じられます。
とにかく高音域の成分は前方に飛ぶ様です。
倍音といっても、今まで紹介して来たものとは違って、通常に感じる倍音の更に上の音程の響きが在り、他の響きと混ざり合うので深く広がりの在る音と云うんでしょうか、厚みと深みの次元がチョット違いますね。
コード弾きで多数の弦を鳴らす事で、音の混ざり合う具合が最大に引出されるので、ジャーンと弾きたくなりますね。 
DSC_2612
これを手に入れて、弾き手と聴手で印象の大きく異なる楽器が在ると云う事が初めて判った気がします。
これは、ホントにある程度アコギに触れていた上で比べない限りきっと判らない気がしますね。
このギターが他とどう違うのかと一言で云うとすれば、脆い、ということでしょうか。
トップに最良の材料を使用し、それをギリギリの強度まで調整する事で初めて出るサウンドがある様ですね。
日本製でトップが脹らむ様なギターはありませんし、そうならない様に作るのが仕事のあり方であると考えているのだと思われますが、その先に別の答えが在る事に気付く事は出来なかったのでしょうかね。
まあ、現段階ではそう云う事を乗り越えた日本製のギターに出逢ってないと云う事だけだとは思いたいですが、日本の湿度の問題等を含めて考えると、そこの強度の問題と云う事があるが為に、マーチンの答えにたどり着きづらい環境であるかもしれません。

これだけの押し出しが在って存在感が凄いのに、本体は驚く程軽いですね。 やはり、鳴らす為にはそうなるのでしょうね。
しかし、その反面サスティンが非常に長いです。
力学的にはそうならない筈ですが、自分の出している音に共振してサスティンが伸びている様に思えます。

しかし、困った事に自分にとってマーチンのネックはとても相性が悪く、日本製のものと比べるとかなり弾きづらいネックですね。
幅も広くコードを押さえ易かったり、しっかりしているのですが、サイズが合わないんですかね。

コードストロークのサウンドが凄すぎるせいで、単音弾きのソロや他のプレイとの落差が大きくて、弾く側としてはそのギャップやコードの響きに負けない様な音作りに精神的にやられてしまいそうです。
実際には高音域を活かしたプレイはTF-150の方がやり易く、低音域を活かしたければYAMAKIの方が使い易いと云えます。
しかし、あまりにもコードストロークが凄すぎるので、手に負えない感じとも云えますね。
聴手側からの判断を最終的にはしたいところですが、結局自分のプレイですからね、これはめんどくさい事になりました。

そう云えば弾き手、聴手による違いとかも、NET上にも書籍にもありませんね。
同じに聴こえているんでしょうかね?

コードひとつで判りますから、誰でも判る簡単な事の様にしか思えないのですが、どうなんですかね?

自分は弾き込む事で音が良くなるとは思えないので、このギターもセルロース化が進んでいく事による強度UPと鳴りの変化を楽しみたいと思っています。
まだ、作られて20年ですから、もう10年程度はしないと完成したとは云えない状態ですからね。
アコギは本当に変化していきますから面白いです。

予算的に、この先には行きたくても行けないですねえ。

しかし、云える事は楽器を活かした演奏をしない限り、他の楽器と然程の違いは判らないという事です。
やはり、ギリギリの調整で作られてるモノは、こちらもそれに合わせてプレイする事が求められる様に思えます。
高いお金を出した上に、演奏方法を縛られる様なこの威圧感には、結構ギターには慣れてたつもりの自分にも押潰されそうな感じですね。
何にも気にせずに弾けますが、それだと45の音だと伝えきれないんですよね。
古いギターはもっと凄いのかなあ?
そのせいで、弦の太さも弦高もピック、ピッキング全てベストを求められるし、その上で45のサウンドが成り立っていると云う事が理解できるので、ギターに弾かせられてる感覚が異常です。
凄いサウンドが頑張れば出ると云う事は天からの恵と云えるべき、信じられない喜びではあるのですが、こんなに疲れる楽器もありません。

つまり、金だけの力では最高の音には近づけないと云うのは、素晴らしい事実です、それを活かす事ができる腕がない限り、イイ楽器からも大した音は出せないって事と、イイ楽器を選ぶのも、腕がなければ出来ないってことですね。

*おまけ*
購入に半年位かかりましたが、D-45が世界で一番多く集まっている街が御茶ノ水、神保町界隈なんですよ。
外国の楽器屋には1本も無いのが当たり前で、こうやって比較ができるのも、この街ならではの事でもちろんお膝元のアメリカにもそんな場所はありませんよ。
それだけ客が居ると云う事なんでしょうが、耳と腕はどこまで来ているのか? カタログや文面が大好きな国民ですからね、自分の観察力を磨くと云う事をもう少し考えてもらいたいものです。






続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年02月03日

第36弾は Morris TF‐150 です。

モーリスはCM等のイメージや友人のギターを弾かせてもらった時に、これは違うなあと感じて一切このメーカーに興味を無くしていました。
店で試しに弾いてみた時はかなり驚きましたね。
とても澄んだ高音域とキラキラした倍音が錆びている弦から響いてきました。
しかし、弦高は高くテンションもキツクて、トラスロッドは効くだろうと思って購入したのですが、トラスロッドはもうパンパンで回りません。

そこで、殆ど初めてですが一応NETでモーリスギターを探して相談のメールを入れました。
この頃は既にハンドクラフトの製品しか作っておらず、一斉を風靡していた頃とは様子が違っている様でしたが、楽器を送ってくれれば見積もりを出すと云う事と、モーリスから送る際は他の商品と一緒に送るので送料はいらないと云う事で送りました。
程なく、思っていたよりもかなり安い見積が届き修理を依頼し完成しました。
弦高は下げたかったのですが、モーリス社の規定で1,5mm(12F)と決まっているので、それ以降はユーザーにお任せとの事でした。
DSC_2527
メーカー修理で蘇ったTF‐150は低音は、ボディのサイズでカバーして高音域に振ったバランスのギターでコードの響きに艶が在ります。
購入後10年以上経った今は、更に高音域に磨きが掛かった印象で抜けの良い音と弾き易い楽器になってきました。
メーカーの印象を大きく変える事になった1台です。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年01月20日


33弾は S.Yairi YD-42 です。


現在でも手に入るギターは今回が初めてですね。


このギターもFender SAC-07 と並んでコストパフォーマンスが優れたギターでオール単板でこの価格は破格だと思います。

木材そのものの強度や質に関しては、最高の品質というわけにはいかないのでしょうけれど、自分の持っている他のドレッドノートと比較して少し重い様です。

このギターに興味を持った時に(京町家のギターショップ ライトニンでNardan  No,100)ナルダンを買った時の様に気になる店で購入したいと思い、愛知県江南市のスタジオMの水野さんにメールで在庫の確認をさせてもらった様に記憶しています。

既にファーストロットは終了していたのかなあ?

次のロットか、どこかの在庫は忘れましたが、注文して手に入れたと思います。

スタジオMでは、YD-42をカスタムしてD-45の装飾に仕上げるカスタムモデルを作ったり、ちゃんと調整をして販売してくれると云う事が興味としてありましたし新岡 大氏のカスタムも手掛けていたので、珍しく新品を手に入れるにあたって、それも楽しみでした。 


DSC_2411

購入時からも、かなり鳴ると云う印象がありましたし、高音成分も持っていると思いましたが、低音はドレッドの割には抑え目の印象が在ります。

現在では高音域の倍音成分が増えてコード弾きではキラキラした響きも兼ね備える状態に変わってきています。

ローズのギターは多少、弦が古くなっていても高音が伸びるので弦交換を怠りがちになります。


それと、ナットの調整をして頂いているせいかテンションが軽く感じられてメロディも弾き易くて、疲れないネックです。

中国製だからと考える人もたくさん居ると思いますが、問題はその中国の工場を誰が管理してクオリティを保っているかと云う事が重要だと思います。

スタジオMでカスタムを作れるという事は、この工場とのやり取りや調整がちゃんとできる担当者が工場に居るという事です。

日本人で中国の工場管理を行っている人間たちは、中国の考え方と日本企業の間に板挟みになりながら、どんな商品でもクオリティの維持に全力を尽くして居るのですよ。

同じ工場で生産したとしても、誰が管理しているかによってクオリティがまったく違うなんてことはザラなんです。

材料はそこそこですが、しっかり作られていると思いますよ。

まあ、すべてのロットがそうであるかは私には判りませんが・・・


きっとこのギターは育つと思います。

長く使う為には制作のクオリティが大事です。

その事まで含めて考えたら、このギターはUS製の様な雑な部分もありませんので、化けるかもしれません。

材料の強度を補う為に板が少し厚いのか、少し重いのが気になりますが、日本で販売する為には日本の湿度を考えた強度の設定が昔から考えられてきていましたから、その辺のことなのかもしれませんね。

ほったらかしてもトップが膨らんだりしていませんし・・・マーチンは放っておけばトップが膨らんできますからね。

多少時間が掛かるかもしれませんが、もっと鳴る様になっていくでしょうね。




続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
livebackdoor911 at 15:50コメント(2)

2014年01月02日

28弾は Nardan No,100 です。


コレは興味を持ったショップ(京町家のギターショップ ライトニン)さんで、購入したものです。

1960年代のモノですがショップのメンテナンスが良いせいか、かなり綺麗で部品の欠品も無く、良い状態を保っている個体だと思います。 

DSC_1987

とにかく音がデカイ、そしてチューニングが合います。

現在でもちゃんと使えるギターです。

しかし、サイズもデカイので自分には弾きづらい大きさなのが問題ではありますが・・・

音がデカくて中高音もパッと前に出る上に、このサイズなので低音もありますから、聴く側にとってはかなり聴きやすい判り易いストレートな音を持っていて、聴く側の評価が高いギターです。

アコギを何種類か交換しても、聴く側には何で替えたのか判らない様な、自己満足的なプレイヤーの押し付けがありますが、コイツはちょっと違うと思います。

実際には深みのある倍音成分やコードアタックの瞬間の響き等のインパクト等は、気にしないでメロディを追っていける様な印象が在って、初期のピックギターの役割である、ビッグバンド内でリズムをキープしたり、他の楽器に打ち消されないと云う役割はしっかり果たせるモノになっていると思います。

しかし、安く、程度の悪いナルダンが中古市場に出回り、安いが故に何にも判らない人が購入するケースも多い為に、このギターの正当な評価がされて来なかったのだと思います。

かと云って、このブログを利用して高く売りつけてやれと思われるのは、最悪ですから、困ったものですが・・・


こいつにピックアップをぶら下げて、ジャズ系のプレイをするのは、きっと楽しいのでは無いかと思いますね。

自分はジャズはルイアームストロングしか聴かないので、ギターについてはイメージしかないですが、なんだかブルースの匂いはしないですよね。

日本産の楽器は良いものも沢山あるのですが、ブルース系の音楽には何故か向いていない様に思えます。

多少フレット音痴でもこの音なら!!と思うギターがアメリカのオンボロ楽器の中には在りますが、日本では音程がしっかりしていても、音楽としてと云う観点から見ると、何かが足りないと感じさせる部分がありますね。

元々このギタ-も Super400も、マーチンのシャリーンとかギブソンのガリーンと云う音を目指したモノでは無いですし、フラットワウンドとかを使うプレイヤーに向けているギターなので、判断の仕方は違うのではないかと思います。

合板と云えども、このギターの場合は、ペラペラのベニアを使ったフォークギターとか云うものと違って、トップがペンペン三味線の様に鳴ったり、弦鳴りだけで箱が鳴らない様なものとは違います。

まあ、これくらいの違いが判る耳になってから、古いモノには触れて頂きたいですね。

そうでないと、単なる大きなゴミになってしまい、残せるものも残せなくなります。 使い捨て社会で、新製品で回転させることが経済を活性化する事も在りますが、クルマの様に税金を取られる訳ではないので大事にさえして貰えればイイんですがねえ。

オークションやネットで人気が有るとなれば、調子に乗って自慢したり、価格を釣り上げたり、悪評を聴けば一緒になって馬鹿にしてみたり・・・

そんな目的の為に楽器は作られてきたのでは在りません。

文句を言う前に弦を替えてチューニングをしましょう。

そして、自分のレパートリーを1曲増やしてみたり、CDに合わせてメロディーを弾いてみましょう。

他の楽器が鳴っている中で聴く、自分のギターの音はどうですか?

聴き取り易いですか、高音の倍音成分はアンサンブルの中でちゃんと聴こえてきますか?

 

そうして、あなたの楽器を活かす為に中古のスタジオモニターと今は全く人気の無いオーディオアンプを繋いで、それなりの音楽が鳴る様に出来れば、あなたの楽器がどんなものでどうすべきか、そして、自分は楽器に何を求めているのかが少しずつ判って来る様に思います。

併せて弾けば、チューニングも大事ですし、フレット音痴も気になります。

楽器の音質、リズム、操作性、大事な事が見えて来る筈ですよね。

その中で必要な楽器や求めるあこがれの楽器が見えてくるとイイんじゃないかと思っています。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年12月28日

26弾は KAWASE MASTER M75 です。


日本初のマーチンギターを販売を行った事と、当時最高のクオリティのギターを制作している会社である、カワセ楽器さんのギターです。

吉田拓郎がマーチンをまだ買えなかった頃に使っていた等の逸話が幾らでもある伝説のメーカーとも呼べるカワセ楽器ですが、現在も神田小川町でスキーショップに囲まれながら、同じ様に楽器を扱っています。


MASTERシリーズはカワセ楽器のアコースティックギターの製品で大量生産ではない為に年間60台程度であったらしく、このM-75の画像はネット検索では出てきません。

購入時にはネックが起き気味で弦高の問題も在ったのですが、長期間ネックを休めたところ、使える角度に収まってきました。


なんでそんな事してるのかと云うと、このギターはトラスロッドは入っているのですが、マーチンが昔使っていたSQネックと云う、四角のロッドをネックにぶち込んで絶対曲がらないと云う事を前提に設計したシステムを使っているので、ロッドを廻すとかで調整すればイイという訳では無いんですね。

DSC_1924

現在のコンディションはかなりイイですよ。(弾き手としての判断です。)

低音はD28の様なパワーが在って、硬いアタックの強い音です。

この硬い低音と云うのは、今までで経験が無い様に思います。

ブレイシングがスキャロップ化されていないのに、時間の経過で鳴る様になってきた事でこの音質にたどり着いたのかもしれません。

スキャロップブレイシングのギターの方が多く持っているせいなのかもしれませんね。

ドレッドノートで単板、この造りで3~40年経過していますので、丁度イイ時期ですね。 楽器として完成される時期です。

やはり、かなりマーチン的なサウンドで、知らずに弾いたらD28だと思ってしまうでしょうね、それも最近のものではなくて。

こうして、紹介の為に写真を撮ったり、情報の確認の為に検索をすると、かなりの時間をそちらに取られてしまうのですが、自分の楽器を再度見つめ直す事が出来、再発見がたくさんあります。

楽器を幾つかお持ちの皆さんにも自慢の楽器の紹介をしてもらえたら、嬉しいですね。


最近思うのですが、木材などの善し悪しは過去に名器に使用されたという事もありますが、実際にはその時代に手に入れ易くて、性能が良いモノが選定されている訳で、ハカランダやホンジュラスマホガニーやアディロンダックスプルースがベストだと考えるのは短絡的な発想でしかないと思います。

昔はデータも少なくアフリカンマホガニーを見つけたとしても、ホンジュラスマホガニーを購入するよりも高価になった可能性もありますし、性能も上の材料も在るのかもしれません。

だからと云って、最近見付けられたの材料が全て良いと云っている訳では在りません。

楽器が完成するのは、制作後30年は掛かりますから本質的な判断は未来の人に任せるしかありませんが。


何を基準に楽器を評価しているのか、そこが問題です。

それは、自分の耳で聴く以外はありません。

そして、自分の腕が上がる事によって耳は鍛えられ、合坂のギターとの差も判らなかったのに、腕を上げることで、合板ギターから三味線臭いペラペラしたアタック音を感じる事ができる様になると思います。

しかし、問題なのはこう云った楽器の場合、店で弾いてもさっぱり判らない事が多いです。 実際には自宅で他のギターと比べてみたりしないと判らない事だらけです。

思い込みや自己満足も結構ですが、楽器の作り手の気持ちを考えると、判らない奴に弾いて欲しくないじゃないですか。

巧くなくても、楽器に対して真摯に向き合って、嘘の無い音を弾くと云う事が大事なのかと思います。

特にアコギは嘘が無いモノが多いですからね。


エレキに関しては滅茶苦茶な情報が当り前の様に正論ぶって大手を振ってまかり通っているので、酷い事だらけですが(アコギもそんなに変わらないか?) 実際に弾いて判るのはアコギです。

エレキはアンプが5割以上の比率で音の主導権を持っていますし、ギター本体では弦が5割以上の主導権を持ってます。

そんな物を知らないアンプで5分弾いたからって、本質的な事が判る人はそれ程居るとは思えませんね。

まあ、エレキの話は別の時に・・・・







続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年12月25日

23弾は MONTANO NO130 です。


1950年代制作と思われるギターです。

この年代の日本製のアーチトップギターはフレット音痴で高音域と低音域がずれているモノが多いのですが、このギターはそこそこ合っていて、結構使えます。

とても軽く、音量もかなり有ります。
DSC_1737

第1印象では軽いせいもあって安っぽい感じがしていたのですが、使ってみると、まともでびっくりしました。

通常9フレットに在るポジションマークが10フレットに在る理由は判りませんが・・・

だいたいこうした楽器はコードで弾くと音程がバラバラなケースが多く、メロディしか弾けそうもないものが多いのですが、なぜかちゃんとしています。

音量も大きく、高音もしっかり抜けます。

古いものですし個体による差はかなり大きいと思いますが、製造時はレベルの高いものであったと思えます。

コレを作った人に現在の音を聴いてもらいたいですね。

このギターは、結構な時代物の割にはバランスが良く安定しているのですが、強いて云えば音に関する個性が少し足りないかもしれません、強いて云えばですけどね。

しかし、日本の昔の楽器で然程有名ではなくても、ちゃんと考えられて作られた楽器が探せば在るものですね。





続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年12月12日

第16弾は Fender SAC-07 NAT です。


この楽器はフェンダージャパンで企画しギルドカスタムショップのクラフツマンの手によるブレイシングが施されたギターです。

特徴はやはり信じられないレベルのコストパフォーマンスで、トップはイングルマンスプルース、サイド・バックともにローズウッド、その全てが単板です。

SAC-07の価格は¥70,000- この価格で、この材料は20年前でも在りえ無い事です。

それ程の数が生産された訳では無いのと、安い価格帯のギターの為、長くギターに触れる様な方が購入していないせいか、ほぼ情報は在りません。

しかし、弾いてみれば判りますが、こいつはかなり凄いです。

DSC_1590

サウンド的にはマーチンのキラキラ感のある高音域に近い音も最近は出始めており、低音は購入時から出ているので幅広い音域を網羅するようになって来ています。

トップが軽いせいか軽いタッチでもそこそこの音量が出ます。

単音のメロディーでもちゃんと前に出る音が出せるので使い易いと思います。

更にネックは細目で握り易いので、コストパフォーマンスは最高ですね。

でも、誰も持っていないので他人の意見が聞けないのが残念です。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
livedoor プロフィール
記事検索
最新記事
最新記事(画像付)
BOOGIE WINGS
DATAEAST
HONGKONG
怪奇大作戦
マイティジャック
Great race
ウルトラQ
WILD7
ギャラリー
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
Googleページランク
ページランク表示