御意見等在れば、お願い致します。

2018年03月14日

ギターの弦は何を伝えるのか?

さて、何の事か判らない方が殆どでしょうが、実際には言葉では判っている気になっていても、事実とは異なる捉え方をしている事が非常に多いのがこの世界。

ちょっとした実験で、今まで考えもしなかった側面を見る事ができます。

今回の実験はラジオの音を電気的な接続をせずにアンプから出すと云う事を行います。

ギターはストラト、アンプはCyber-Twin、カナレのケーブルで接続します。

IMG_20180314_010829
IMG_20180314_010822

ラジオは安いトランジスタラジオ。
その下に塩ビのケースを置いてあります。
塩ビのケースを置いている訳は、ラジオとピックアップが近づいてしまうと、ラジオのスピーカーの磁力を直接ピックアップが拾ってしまう事を避ける為です。
音の振動だけで弦を振動させて、弦の振動のみをピックアップで拾う必要がある為距離はあっても音が伝わる様にしてあります。

IMG_20180314_010809


それでは動画を見てください。

 

TBSラジオが鳴っています。

アンプのSWを入れるとアンプからラジオの音が聴こえますね。

途中でアンプのセッティングを変更するとツインリバーブにするとリバーブの効いた音、ドライブさせたセッティングに換えれば歪んだラジオの音に変わります。

通常ギターを演奏する時は弦そのものが音色音程を司る音源になりますが、この状態では、音源はラジオで弦はその振動をピックアップに伝える仲介役になります。
糸電話の糸の様なものです。

この実験で何が云いたいのかサッパリと云う方も多いでしょうが、簡単に云えば弦はギターの音源としてのみ機能する訳では無いと云う事。

セミアコの穴は何の為に在るのかの、ある意味答えなんですよ。

 もちろんピックアップは磁力のみを捉えて音に変換する入り口ですが、弦は単純な音源では無く、環境に影響され反響した音等を再度フィードバックする事を同時進行で行います。
これが、ピックアップ以外のギターの音色を決定します。

しかし、その影響は楽器の形状やフレット、ブリッジ等によって変化します。
容積の大きいブリッジやトレモロユニットは、そこで弦振動を殆ど受け止めてしまいブリッジから伝わる環境音の仲介を減らす事になります。

実際にはそうした環境音と云うか反響を仲介した音が無くても楽器は成立します。
ラップスティールギターの様に殆ど板に弦を張ってピックアップを付けたものでも充分成立する訳です。
ボディの鳴りとかネックの鳴りとか語るのもイイですが、その意味は何か再度考えてみたいものです。
それは、音だけでエレキギター本体を考えれば、殆どのその楽器の価格は仲介役に対する対価である訳ですから。
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
livebackdoor911 at 02:53コメント(1)

コメント一覧

1. Posted by マイナー   2018年09月05日 19:27
なるほど。パーツの選定も非常に大事という訳ですね。面白い考察でした。
ですが机上の空論ですかね。
だってギターはラジオを再生するものではなく、音楽を奏でる楽器ですから。
ギターの弦は何を伝えるのか?
音楽です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

seaman

記事検索
最新記事
最新記事(画像付)
BOOGIE WINGS
DATAEAST
HONGKONG
怪奇大作戦
マイティジャック
Great race
ウルトラQ
WILD7
ギャラリー
  • ギターの弦は何を伝えるのか?
  • ギターの弦は何を伝えるのか?
  • ギターの弦は何を伝えるのか?
  • ギターの弦は何を伝えるのか?
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
Googleページランク
ページランク表示