御意見等在れば、お願い致します。

2014年01月26日

Squier SST30?

35弾は Squier SST30? です。


第一印象は、何か大きい・・・

ネックも太い、音は・・・クリーンでもなく、FATでもなく、うーん(。-_-。)

パーツが悪すぎるのもやはりどうなんでしょうか?

なんだかストらしさを感じられないギターです。

DSC_2502

さすがに、古くなってもこのクラスのギターはキビシイと云わざるを得ないのかもしれません。

まあ、アメスタ1本で、これを7~8本買えちゃうんだから仕方ないのかな。


今は実売価格5万円代であれば、エレキはそこそこのギターは購入出来ると思います。 ギターを削り出すNCルーターも同じですし、電気パーツも、一番安いものでは無いので。

しかし、3万のギターと5万のギターはそう云う部品の違いしかありませんので、木の部分は同等です。

実売5万円代って事は6,5万円くらいの販売価格なので、そのくらいのものが目安でしょうかね。

でも、アンプはちゃんとしてないと、このギターと倍以上の価格差があっても判らないかもしれませんので、アンプはなるべく、歪ませない時はよりクリーンで大きな音が出るもので、チューブを使っているモノを選んで頂きたいものです。

ギターは弾き易ければ、それで8割近くの役割を出来ますが、アンプはそうはいきません。

ヘッドホンで弾くのも、初めの3年間くらいはやらないほうがイイです。


良くないギターを弾くと、やはり凹みますねえ。スミマセンです。







DSC_2513-1
3プライのピックガードなんで、ちょい新し目のモノをモデル化してるのでしょうか?


DSC_2515

DSC_2516-1

放って置くと印象が変わる事も在るのですが、コレは変わりませんでしたね。

弾いてて楽しくありません。
DSC_2517-1

電気以外のパーツはそれ程ダメパーツには見えないのですが、どうなんでしょうかね。

全くストラトらしさを感じません。

電気系を丸ごと入れ替えるテストでもしてみようかなあ、と、触れていない時には思いますが、触るとやる気がなくなります。

こういうのはハズレと云うんでしょうかねえ・・・

DSC_2506


スカンクラインはありません。


DSC_2509

DSC_2511
見た目は、他の製品とさほど変わらないんですけどねえ。

DSC_2512

結構、メイプルネックは板目っぽい材料が使われてますよね。

G&Lもそうですが、木の個体差は非常に大きいので、ハードメイプルとソフトメイプルを比較してもソフトなのにハードよりも硬いものもありますし、その逆もあるのですが、それでも、柾目でハードがいいですよね。

この価格帯では無理だとしても、倍以上の価格帯でも板目が多いですよね。 やはり木取りの際にたくさん取れる板目にするんですかね・・・


ネックはバカみたいに太いです。

アコギでもこんなに太いネックはトラスロッドの無い時代のいモノしか知りません。

相当太い弦を張っても大丈夫でしょうね。



DSC_2520
ネックは相変わらず、スキャロップです。

DSC_2524

スラブボードでロッドはボトム側に在ります。


DSC_2526


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新記事
最新記事(画像付)
BOOGIE WINGS
DATAEAST
HONGKONG
怪奇大作戦
マイティジャック
Great race
ウルトラQ
WILD7
ギャラリー
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
Googleページランク
ページランク表示