御意見等在れば、お願い致します。

2014年01月09日

Gibson Les Paul Recording

31弾は  Gibson Les Paul Recording  です。


レスポール氏が最後までメインで使っていた本当のレスポールと云えるべきモデルですね。

ハイインピーダンスとロウインピーダンスの切り替えができますので、通常のアンプを利用する事が出来ます。


DSC_2216

こいつを弾いていると、トップがメイプルだったり、ハムバッキングなのが、レスポールならではなのだ! と云う、ある意味常識と思われている話がバカバカしくなるほど、ホンジュラスマホガニーで作られたこのレスポールは良く出来ています。

まあ、どう考えても現在これ程の大きさの材料でギターを作る事などないですけどね。

トップはメイプルでない方がいい感じな気がしますが、今となってはハードメイプルを使うなんて事もせずにソフトメイプルのトップであれば大丈夫なのかなあ?

派手なフレイムが出てるのとかあるけど、ハードメイプルでは絶対にでない木目ですからね、ハードの場合はバーズアイが少々出るだけで、それ以外の歪が出ることはありませんからね。


楽器屋でもトップにハードメイプルとか記載してフレイムの出てるギターを宣伝しているのを見かけますが虚偽記載ですので、素人のブログとは意味が変わりますよ、酷いと役所から指導を受けるレベルです。


ネックも結構フレイムの出てるものが最近増えてきましたが、昔はなかったですね。

昔はそんなに柔らかい木をネックにはしなかったという事です。

まあ、最近は太い弦を貼るプレイヤーも殆ど居ないので問題が無いということなのかもしれませんね。

ちなみにソフトとハードで木材の硬度は25%も変わります。

これはハッキリ云って別の木材です。


それはともかく、フレットはやはり低いですが、弾き易いしタッチもいいし、サスティンも在りますから、弾いていて楽しくなるギターですね。

レスポールなのに弾き易いなんて、ほかには無いです。

そこそこアンプを選ばないとレスポールらしい音が出ないのが普通ですが、コイツは然程アンプを選ばなくても柔軟に対応できますね。

ドライブさせたアンプでも全然OK、フロントピックアップの音が膨らみすぎたりもしませんし、MIXでピッキングのポジションを使い分けながら弾いているのが、とてつもなく楽しいですね。

人気が無いのは解るけど、これをしらないなんて勿体無いね。

レスポールレコーディングを知らずにレスポールを語るなかれなんてね、そんな事云われても困るだろうけど、そんな印象を持てるギターです。





DSC_2222

トップの木は1枚ですね

これはホンジュラスマホガニーで殆どの部分が出来ていますので、現在では作る事は不可能ですね。

ブックマッチなんてケチな真似はしていませんし、当時としてもレコーディングには良い材料が選別されている様に思います。


DSC_2225

ノブはスピードノブに変更されています。

リアピックアップの下側のノブがボリュームなのでボリュームのコントロールはとてもし易く見た目よりも操作性は良いです。

2つめのノブはロータリー式バリトーン・スイッチで11段階のロータリー式です。

これはロウインピーダンスで出力する際に効くコントロールなので通常のハイでプレイする際には然程使い道がありませんが、ロウで入力出来るプリアンプ部を使ってアンプに通すなどすれば使い道は在るのでしょうが、直接コンソールに入れる様な使い方もしないのでなんとなく勿体無いです。

今度MTRに通してからアンプに繋ぐTESTをしてみよう。


残り2つはG&L同様ハイカットとロウカットになっていますので、かなりのトーンコントロールが効きます。


DSC_2226

更にレスポールなのにフェイズアウトサウンドを出す事が可能です。

PHASEと記されたSWです。

その隣はHI、LOの切替SW

そして、トーンセレクターです。

1は直接出力で2、3はフィルターをカマしている様に思いますが、HI-CUT、等と併せて使うと効きがかなり変わりますので、単なるフィルターとは違う様に思いますが、内部をあける時に回路を確認してみます。


このでっかいシングルコイルはローインピーダンスのピックアップです。

コイツは本当に凄いピックアップで、クセがなくてナチュラル、そしてそこそこパワーもあって、これ程のピックアップは他に使った事がありません。


DSC_2227

白いSWはピックアップの切替用

後に現在のレスポールと同じ位置に移動されますが、この場所に在るのはやはり使いづらいですね。

DSC_2229


DSC_2230

DSC_2265

まだ、この個体にはワイドトラベラーブリッジは付いていません。


コンター加工されています。

DSC_2232

DSC_2233

かなり広い幅で加工されており、中心部はストレートです。

フェンダーの様にRで完結するタイプとは違いますね。

DSC_2257

ボディは前後でトップが板目、バックが柾目のホンジュラスマホガニーが使われています。

後期になると、この板も1枚板ではなく3ピースのモノになってしまった様です。

DSC_2236
DSC_2237
バックも1枚板です。

DSC_2241

コンターはここまで削っています。


DSC_2244

ネックは3ピースのマホガニー、後期はメイプルに変更されます。


DSC_2246
ヘッドにはハイエンド機に使われるギブソンスプリットダイアモンドとモデル名の入ったロッドカバー

DSC_2253

ペグにもギブソンと記載されています。


DSC_2260

DSC_2262

DSC_2267

DSC_2320
DSC_2321

このギターにはちゃんと説明用のパンフレットが付いていました。

更にサンプルとしてレスポール氏の演奏がはいったソノシートが付いています。

ギブソンのソノシートですよ、それもレスポール氏の演奏です。

ong)

SIDE 1
1. Introduction by Les Paul
2. Johnny Smith Style
3. Wes Montgomery Style
4. Country
5. Rock
6. Funky Gutbucket
7. Want To Get Highs?
8. Outro


SIDE 2
1. Introduction to side 2
2. Tomorrow, today (3mb song)

DSC_2328


jimmypage-1988Cover-1
おまけです。

2014/02/12 追記 
限定版 Gibson Les Paul Recording発売

2
2
qeqerweqqw
ddswfs
fsasffasf
ギブソンから新たに発売されたGibson Les Paul Recordingですが、木材が全然違いますね。
アフリカンマホガニーでしょうか?
それも、ブックマッチをトップ、バック共にしており、初期のレコーディングとは全く異なる仕様ですね。
SW類も違います。

yeryryeryer
上がレスポール氏のものです。(彼は何本も持っているのですが)
下が新型のものです。
何故ここまで変える必要があるのか不明ですね。
FHASE SW等はINとOUTの向きが違います。
さっぱり判りません。
重要なTONE SWはありません。


gergrey4y4ry4
OUTPUTはLOとHIを同時に出力出来る様にしてある様です。
ノンエフェクトでコンソールに入れて、片側をAMPとかって実際に有るのかな? まあ切り替えでなく同時に使えると云うのは新しいけど、必要性は感じないですね。
その上、
LO-Z/HI-Z両方を使用した際にグランド・ノイズを軽減する為の、GROUND LIFTスイッチも搭載していますって、事らしいけど、その意味も不明ですね。 元々無いし、何故無いものを付けるのか意味が判りません。



tgrtrterwt
trwetretrewt
twrettwetew

コンターの形状もだいぶ違いますね。
深く削れない理由があるのでしょうかね?

grgrrgr
ボディのトップとバックの接合部はどこにあるのかは判りません。
通常のレスポールと同じかもしれませんね、バックの厚みは今のレスポールと共通の部材で調達できますからね。

gregrerehyr
grererege
ビグスビーのユニットはレスポール氏が使っているモノと同じタイプ


rtuyrturtutr



eryteryteryr
trestretre
ワザワザ、ビグスビーを付けたと云う事はレスポール氏のモデルを意識してFANに向けて発売すると云うのがマーケティングとしては有りがちな判断だと思いますが、SWの構成や出力までもがオリジナルと異なるモデルに何の価値が有るのかさっぱりわかりません。
トップの杢目もココに添付した2台では板目と柾目で違いますし、厚さや接合部まで違う様です。
ギブソンは昔からコレだから信用できないんだよね。
いい技術者は多い筈なのに経営側や販売、マーケ側が無理やり利益を産む様に製品原価を下げる作り方をしてるように感じます。
現在のプレイヤーがHIをメインで使う事を前提としてSWの構成を変更したとしても、それは意味が無い事です。
レスポール氏の俄ファンが買うとも思えないし、出すなら生きてるうちにちゃんとしたもの出したらよかったのにと思えてなりません。
まあ、このギターでは彼の音は全く出ないでしょうね。
あまりにも悲しいギターですね。
ここまで違うものを本家が当り前の様に出すんだからね、ガッカリします。
ガッカリついでに、ギブソンがホンジュラスマホガニーや軽めの良いマホガニーが手に入らない時にレスポールに何をしていたのかお見せしましょう。
o0480020111200487151
ダウンロード (1)
images (2)
こうやって、重いボディを軽量化してました。
一概に悪い事かどうかは云えないけど、重すぎる材料しか無い時に、穴をあけてまで生産すべきと判断する会社と云う事が判ります。
まあ、作らなければ潰れていたんだろうけど、プレイヤーとしてユーザーとしては如何なものかと思わざるを得ないねえ。

これ以外にホローボディのレスポールも作ったりして、まるでスマグラーからシンラインを作ったフェンダーのパクリに近いものが在るよね。
chambered_les_paul
o0480032111200487572
ちょっと古いレスポールを買う時にボディをコンコン叩いていい音だ!!
木が枯れてるのかなあ、なんて思って喜んでいるあなた、それは穴です。
それとレコーディングならE-BAY探せば売ってますから、そっちを探した方がイイですよ、でも、新型も既に流れてるんでそれを掴まされないようにね。

 



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ローテンション   2015年05月06日 19:45
これは、ホンマホではありませんよ。
真正キューバンマホガニーではないでしょうか。
近年めったに出ない木材ですし、レコーディング用ならではの選定かと分析します。
現在ではもう真正もなにもなく、本来のマホとはかけ離れた交配種の近似種しか市場には無いようです。このレコーディングこそ本物の証でしょう。
 お大事に。
2. Posted by SEAMAN   2015年05月07日 00:19
ローテンション さん、コメント有難うございます。

正式にはギブソンからキューバンマホの採用のアナウンスはありません。

米サイト等ではキューバンマホをマーチンやギブソンの初期には使っていたのではないかと云う説は多いですが、確認できるものはないようですね。

実際にはDNA検査でもすれば、どの木であるかは判るでしょうが、自分としては意味はありません。

このギターもレコーディングの初期ですから70年代前半なので、ギブソンの初期という訳ではありませんし、もし使われていたとしてもエレキギターが開発される前の楽器だと思います。

現在もキューバを求めている人たちはアコギのサイドとバック用ですからね。  

ともかく、このギターは1枚板でトップとバックを作ると云う今では全く考えられない作り方をしていますし、それは誰が見てもわかります。

それだけで充分です。
3. Posted by マサキ   2015年09月20日 00:03
時間がたってからのコメントで失礼致します。私同じ時期のトライアンフベース使ってますが、ギターとベースの違いこそあれ全く同感です。木材も産地がどこであれ最高なものである事は明らかですよね。この素晴らしさは人には本当は教えたくないんです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新記事
最新記事(画像付)
BOOGIE WINGS
DATAEAST
HONGKONG
怪奇大作戦
マイティジャック
Great race
ウルトラQ
WILD7
ギャラリー
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
Googleページランク
ページランク表示