御意見等在れば、お願い致します。

2014年01月05日

ORANGE OPO-520 テレキャスターベース

第29弾は ORANGE OPO-520 です。


ORANGEとはフェルナンデスのもう一つのブランドとしてスタートしたのですが、1年続けなかった短命のブランドです。

NET上でもORANGEの製品の画像は何処にもありません。

テレキャスターベース(現在ではオリジナルプレシジョンベースと云われますが)は、その後フェルナンデスで発売されるまではオレンジのモノしかコピー商品はなかった様に思います。

実際に何本が世に出たのかは判りませんが、自分もこの1本以外は1回ESPが神田小川町に在った頃に見た様な気がします。
DSC_2054

やはりこのスタイル、ピックガードの形状から醸し出されるムードは独特です。

最近はこのデザインの上に別のピックアップを付けている製品もありますが、まずはこのスタイルのベースで何が弾けるのか試して頂きたいと思いますね。

プレシジョンの様なパワフルで締りは在るけど篭った感じの音とは正反対のクリーンで素直な音です。

弦のニュアンスを伝えやすく、ノイズも拾うので使いづらいかもしれませんが、パワーのある弦にパワーのあるピックアップと云うのは如何なものかと云う気もします。

とは云うものの、こういうスタイルのベースはほぼ販売されていませんから、難しいかな。




DSC_2057

とにかくシンプルな構成の1ピックアップ、1ボリューム、1トーン


DSC_2059

ピックアップの位置の関係で現在の楽器の印象から考えると甘めのサウンドで、悪く云えば締まりがないと云えるかもしれませんが、クリアで素直な音で、パワーが弱いシングルコイルなのでアタックの高音域も軽い感じではありますが前に出てきます。

オリジナルの時代ではベースはフラットワウンドが主流のはずなのでラウンドワウンドのサウンドとはかなり異なるものが求められていたのだとは思います。

うぇとぇてwとぇてwとぇ

ORANGEの情報と云えばたったこれだけです。

3259895_1382411222

その後フェルナンデスから発売された様に思いますが、フェルナンデスにはバックの弦通しの穴は無いようです。

DSC_2061
スカンクラインの入ったネックにコンター加工等のないボディ
DSC_2064

DSC_2066

弦通しの穴がバックには在るのですが、テールピースに何故かココに通す為の穴が空いていないので現状では使用不可です。


DSC_2067

ボディは1枚のライトアッシュで見た目では相当な重さに思いますが、実際は軽いですね。

生で弾いてボディが鳴るのでちょっと楽しいのですが、やはり大きな音を出したりするのには向かないかもしれません。


DSC_2069

ヘッドにオレンジのロゴ

ちょっとサイケなデザインでなかなかイイです。

ヘッドは右側の指板からはみ出している部分が接着されています。


DSC_2063
DSC_2071
DSC_2073
ネックはワンピースで指板も貼り付けではない、そのままのネックです。

DSC_2077

ナットの仕上げもイイですね、弦が半分出ているくらいが判っているって感じなんですよね。

DSC_2074
DSC_2080
ヘッドの裏は何故かビックリのペグの部品で隙間が殆どありません。

DSC_2082

ピックアップは現在のベースと比べたら全くパワーは在りません。

しかし、ベースの場合は弦が太くそっちにエネルギーが在りますので個人的には、それ程パワーのあるピックアップは必要無いと思っています。

パワーが有りすぎると、弱く弾いてもドーンとデカイ音になりますから、ニュアンスを出したくても出しづらいかもしれませんが、却って一定の音量で安定したプレイがし易いのかもしれませんね。

しかし、ニュアンスはこちらの方が出し易いし、現在のプレイヤーにとっては難しい楽器かもしれませんね。

DSC_2083

問題はノイズですね。

シングルならでは問題ですが、仕方ないのですが

DSC_2086

コイルの巻も少ないです、ストラトの方が多いですね。

DSC_2084

DSC_2087

ブリッジとテールピースもシンプルです。

何故弦通しの穴を開けなかったのか謎が残ります。

DSC_2088


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yossy   2015年09月13日 13:34
昔、買ったOrangeのベースが手元にあります。このモデルとちょっと違って、今のフェルナンデスのRPB-360と、ほぼ同じように見えます。
ピックアップは二つ、指板はメイプル、ピックガードはクロです。
1Volume、1Tone control。
型式などはどこにも書かれていません。
写真を送れるとよいのですが、、情報まで。
2. Posted by SEAMAN   2015年09月13日 23:08
yossy さん コメント有難うございます。

Orangeのプレベのモデルをお持ちと云う事でよろしいですか?

3. Posted by yossy   2015年09月14日 23:57
はい。
そうみたいです。
Orangeがなんなのかさえ、よくわかっていなかったのですが、知人とベースの話になったときに、そういえば、、と、持っていたものを出してきて、行き着いたのがこのブログでした。。
4. Posted by MONONOKE   2016年06月09日 19:11
SEAMAN様 はじめまして。
偶然検索してこのページに辿り着きました。

私もORANGEのプレべを所有しております。
1987年に地元の質屋で当時¥18,000で購入しました。

何故かFENDER PRECISION BASS のデーカールが貼ってあったので購入当時はてっきりFJ製と思っていたのです。

ところがジョイントプレートを見ると

HAND MADE
SUPER GRADE
FERNANDES
ELECTRIC
SOUND RESEARCH
GROUP

なる刻印が刻まれていました。
当時ネットはまだありませんので、ギター関係の本などで調べた所、これはデカールを貼り換えたORANGE製のプレべではないか?との結論に至りました。

私の個体はカタログ写真にありますFP0-75YBSであると思われます。

SEAMAN様所有の個体と比較してみた所、大きく違うのが、ブリッジで、私のはテールピースが2組で、弦は裏通しの仕様になっています。
PGのネジ数もSEAMAN様の12点に対して私のは10点でした。

個体によっては細かいバージョン違いなどがあったのかも知れませんが。


実はこのベース、その後20年近く物置に放置状態でしたが、この春にレストアを行い、20数年振りにスタジオ練習で音出しをしました。

出音は弱いですが、非常に暖みのある独特の音色で今更ながら気に入ってしまい、これからマメに使って行こうと思っています。


5. Posted by じゃっきー   2016年09月10日 03:52
こんばんは。こちらではなく普通のプレベタイプですが、Orangeが初めてのベースでした。
楽器店でこのページで紹介されている楽器を試奏して「他の人と違うからカッコいい」と単純に考えていた1977年の高校2年生でしたが(笑)、楽器店の人はどうやら「最初はオーソドックスな楽器から」と考えたらしく、お金を持って買いに行ったら何故か普通のプレベを渡してくれました。狐につままれた顔をする以外には何もできなかった、1977年の高2でした(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新記事
最新記事(画像付)
BOOGIE WINGS
DATAEAST
HONGKONG
怪奇大作戦
マイティジャック
Great race
ウルトラQ
WILD7
ギャラリー
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
Googleページランク
ページランク表示