御意見等在れば、お願い致します。

2013年12月30日

FENDER JAPAN  ST57M

27弾は Fender Japan ST57M です。


実際には11弾で紹介した ST-314-55 なのかもしれませんこちらもスパロゴ57ストラト的な作りになっています 

ST57Mだと仕様はかなり合うのですが、時代的に違和感があります、そんなに昔から作って居たんだしょうかね。

実際にはボディサイズを確認して、ボディも若干小さくなっていればST57Mの筈です。

ST-314-55はボディサイズは小さくなっていない筈ですから。


DSC_2090

久し振りに弾いてみると、ネックが細身で見た目は悪いけど、その割には弾き易いですね。

古い弦なので、高音域の伸びなどは判りませんが、弦を替えてブリッジとバネを調整すれば、音はともかく弾き易い感じには出来そうです。


成毛滋のアイディアから始まった、ミディアムスケールストラトは現在も生産されています。

彼の想いの一端を少しでも感じられたら、なんて考えるのもたまにはイイかもしれません。




DSC_2094

ピックガードは1プライ薄いタイプでネックは後加工のスキャロップ指板、第11弾の時のストラトと色以外は同じですね。

全く触れていなかったので、持っていた事を忘れてました。

ちゃんと思い出して全てのい楽器に向き合う事が出来て、このblogを始めた意味はあった様です。


DSC_2096

ピックアップもパワーの無い、昔風のものでブライトですが軽い感じです。

しかし、フロントピックアップはそれくらいの状況の方がブライトな倍音を含んだ甘く、膨らみはあるけれど軽やかな音が出ます。


DSC_2097

リアマイクでメインを弾く場合はちょっとつらいかもしれません、いいアンプさえあれば何とかなるかもしれませんが、

歪ませまくる場合、リアよりフロントの出力がかなりデカいですからね。


DSC_2099

ネックは指板を削って、模型用のラッカーの重ね塗りですかね。

仕上げをすれば多少は綺麗になるかもしれませんが・・・

DSC_2100

バックプレートがちゃんとありますね、調整もしていない証拠ですね。


DSC_2103

全部黒だと、なんだか好きになれませんねえ。


DSC_2105

ネックにシリアルがあります。


自分は基本的にシリアルは隠したりしませんが、隠している人はなんで隠しているですかね?

クルマのナンバーみたいに特定されちゃうワケでもあるまいに

それに、単なる自慢でも構いませんから、各部分を写真に撮ってUPしてもらえれば、それが後々資料として役に立つ時が来る可能性が在るんですから、

実際に資料を探してみると偏った情報だらけで、その中から正しいモノを選択する事はとても難しいです。

しかし、たった一つの写真が解決のヒントを持っている事があります。

NET上に何かをUPするという事には共有するべきメリットを、もう少し互いに考えてみて欲しい気がします。

日本のギターでもかなり重要な情報はアメリカのサイトから得られる事が多いです。

国内では適当に自慢用の確認しづらい画像や、コレはジャパンビンテージだとか、意味不明のくだらない事ばかりでガッカリですよ。

シリアルNOのおかげで、型番が判るかもしれませんし、誰かの役に立つかもしれません。

もう少しNETに書き込むという事に関して、その意味を考えてみて頂きたいと思う今日このごろです。


DSC_2108

スパロゴですね。

貼り直したとは思えませんよね。 この指板の仕上げを見たら、貼り直しでこのスパロゴの状態に出来る腕がないのは明白です。


DSC_2111

裏には誰かの名前が書かれていますねえ。

恥ずかしいよねえ、なんか

中古のファミコンショップで買ったソフトに名前が書いてあるのを見付けた時の様な恥ずかしさがあるもんです。

でも、気付かなかったなあ、オレってかなり酷い奴なのか、記憶力が落ちたのか・・・



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by MIM98使い   2015年08月28日 20:40
4 突然失礼致します。
もしかするとそのギターは、Yngwie が Fenderer Japan からプレゼントされた物ではないですか?
サインが非常に似ています。
実は1985年頃、Fender Japan が Yngwie 来日時に Squier のミディアムスケールのギターをプレゼントされ、意外にも気に入った様で雑誌にも載りました。
それは白ボディで黒ピックガードSSHマッチングヘッド仕様でしたが、
本人曰わく、『これはミディアムスケールでつば無し22Fなのがいいんだよ。リアはシングルコイルに変えるけど。ロングつば出し22Fもあるけど、アレは嫌いだよ』といったとかで、
もしかするとFJからプレゼントされた一本かもしれません。或いはファンがもらったのかも知れませんが。
それでは失礼します。

2. Posted by SEAMAN   2015年08月31日 02:48
MIM98使い さんコメント有難うございます。

だいぶギターの仕様が違う様ですので、これはプレゼントされたものではないと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新記事
最新記事(画像付)
BOOGIE WINGS
DATAEAST
HONGKONG
怪奇大作戦
マイティジャック
Great race
ウルトラQ
WILD7
ギャラリー
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
Googleページランク
ページランク表示