御意見等在れば、お願い致します。

2013年12月04日

GRECO PE-520 レスポールプロフェッショナルモデル

第9弾は GRECO PE-520 レスポールプロフェッショナルモデル です。


ギブソン本物とはだいぶ違いボディはフォローボディデタッチャブルネック出力はハイインピーダンスです。

この頃のヘンテコなコピー品は却って個性があって魅力がありますね。

とは云いながら、この頃のグレコは成毛滋のアドバイスでコストパフォーマンスと日本人に合った使い易いギターを目指していた頃なので、単なる安く適当に作っているモノではありません。

しかし、LOインピーダンスでスタジオのコンソールに直接繋ぐ様な仕様のギターは販売しても誰も使えないでしょう。

実際にギブソンでは外部のインピーダンス変換BOXをセットにしている物も多くあります。

それがこの後のインピーダンス切替可能なレスポールレコーディングに変わっていくのですが。


DSC_1125

ソリッドギターではないので、もともとサウンドは比べようが無く、出力もハイインピーダンスなので、ローインピーダンスのオリジナルと比べるすべはないのですが・・・・

しかし、ホローボディの割には通常のレスポールくらいの重さはありますので、そこは不思議なところです。

レコーディングと比較した場合、高音が抜けなくて締まりの無い印象です。

リアマイクはイマイチなので、フロントで比較した場合ですけど。

謎を解明するために弦を張り替えて弾いてますが、あんまり楽しくないですね、自分にとっては・・・

それにしても、よくこれをラインナップにしたよね。

カタログ的にはPE-520とPE-480の2種が在りますが、コレは単なる値上げの様で、同じ製品だと思われます。

しかし、何本作られたのかなあ?

もしかすると、それほど売れそうもないのにFranptonもレコーディングを作っていたのは、マクソンのマイクが余ってしまったからなのかもしれないと云う仮説を残して・・・

c004_02
c002_01





DSC_1127-1 

現状の回路が完全にオリジナルかどうか曖昧ですが一応音は出ます

コンデンサー抜けたのならトーンが効かない筈ですが一応効きますし何だかどこをどうすればどのセッティングなるのか不明です

リアマイク落ちていて修理が必要な様です


DSC_1129

いまいちセッティングが判りませんが、レスポールレコーディングと同じ様に考えれば、ノブは上からマスターボリューム、バリトーンSW 、ハイカット、ローカットになる筈ですが、バリトーンSWはレコーディングの様に11点切り替えでは無く3段階しか無いようです。

それにフェイズアウトSWとトーンセレクター。

トーンセレクターはリアマイクの出力の問題が在るので、どのポジションがどうなっているのかは現状は未確認です。


DSC_1135
材料はそこそこ良いものを使って居るようでちゃんとフルサイズの1枚板が使用されています。

DSC_1140
ネックはデタッチャブル方式で接合されているので、きっと下手なレスポールよりも振動の伝達や強度には優れている様に思います。

DSC_1142-1

ネックはピースヘッドはさらに耳付き

DSC_1143

オリジナルには無いインレイヘッド入っています

3244_p42625

ロッドカバー彫刻は欲しかったなあ

偽物だからダメなのか・・・

ロッドカバーのタッピングの数も違いますね。
p1_ufw3rkneq_so


DSC_2329-1

ピックアップこんなにデカイんです
DSC_2331-1
DSC_2332

MAXONマイクです。 ㈱日伸音波製作所 

このマイクは Franpton レスポールレコーディングタイプ にも使われています
img_le200
64347901_o1

64347901_o3

これはFranpton に使われているマイクです。

まあFrantonと云うメーカーを知らない人の方が多いと思いますが・・・
Franpton-21

Franpton-11

パール楽器が製造してた様です。



DSC_2335

ご承知のとおりホローボディです。

もう少しトップが厚い方がセミアコ的かもしれません。

コイツは薄すぎて鳴り過ぎますので、音が膨らみすぎたりブーミーな感じが在ります。

ハウリングもし易いのは当然ですが・・・

DSC_2335-1
DSC_2336
DSC_2337

DSC_2336-1

DSC_2339-1


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新記事
最新記事(画像付)
BOOGIE WINGS
DATAEAST
HONGKONG
怪奇大作戦
マイティジャック
Great race
ウルトラQ
WILD7
ギャラリー
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
Googleページランク
ページランク表示