御意見等在れば、お願い致します。

2014年01月06日

第30弾は Tokay ST60 OWR です。


東海楽器のクオリティが上がって来て、まだそれ程知られていない頃のモノですね。

型番の詳細は情報が少ない為に確定出来ませんが、ヘッドロゴとUシェイプネック、ラウンド貼り指板等で見当を付けています。

ネック裏のスカンクラインが少し怪しいのですが、異なる型番と判明した場合修正します。


実の処、ストラトを数多く購入しているのには理由があって、ネックがスキャロップド指板に改造されたモノが欲しいのです。

自分で削るのも疲れましたし、加工をお願いしても高額な割には理想的なネックが手に入る訳でも無いと云う事が判ってしまっているので、既に時間が経ってネックが安定した頃のギターでスキャロップに改造したけど、もう弾かないギターのネックは調整と仕上げをすればそれなりに使えるネックになるので、片っ端から手に入れる様にしていたのです。

しかし、加工精度やインチ、センチサイズの違い等が問題として在りましたので、東海楽器等は非常に良い加工精度なのでとても助かります。

近年は削り出すNCルーターと、そのデータが良いせいか中国製でも加工なしでネック交換が出来るのでビックリです。


DSC_2270

ボディも軽く扱い易いギターですが、ハーフトーンのキラキラした感じの音は配線の問題も有る様で綺麗に出ていません。

ネックはUシェイプなので、少し辛いです。

ネックを加工するのであればスカンクラインも無いので、加工し易い個体ですね。 ラウンド指板も好みですので、いずれは気に入ったボディに載せ替えるかもしれません。

素直なストラトの音ですが、54年式のタイプにあるクリーンなモノとは少し違い、もう少しパワーは在りますが線が細い印象ですね。

丁度この頃のストラトはしょぼいアンプしかない場合はリアピックアップとフロントの差が出過ぎて、扱いづらいタイプの原点ですね。

最近はそこそこのアンプが手に入れやすくなって来ているので、それほど困らないかもしれませんが・・・

こう云ったギターも、すぐにリアピックアップを交換してしまう前にクリーンなサウンドでコードの響きとメロディーの自然な流れを感じてみて欲しいタイプのギターですね。

個人的には第13弾で紹介した、Squier Deluxe Series Stratocasterの方がクリーンなストラトサウンドでネックもGRASSROOTSに替えてしまったので弾き易いのですが、少し太めのネックが好みの人にはこちらの方が良いかもしれません。




詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年01月05日

第29弾は ORANGE OPO-520 です。


ORANGEとはフェルナンデスのもう一つのブランドとしてスタートしたのですが、1年続けなかった短命のブランドです。

NET上でもORANGEの製品の画像は何処にもありません。

テレキャスターベース(現在ではオリジナルプレシジョンベースと云われますが)は、その後フェルナンデスで発売されるまではオレンジのモノしかコピー商品はなかった様に思います。

実際に何本が世に出たのかは判りませんが、自分もこの1本以外は1回ESPが神田小川町に在った頃に見た様な気がします。
DSC_2054

やはりこのスタイル、ピックガードの形状から醸し出されるムードは独特です。

最近はこのデザインの上に別のピックアップを付けている製品もありますが、まずはこのスタイルのベースで何が弾けるのか試して頂きたいと思いますね。

プレシジョンの様なパワフルで締りは在るけど篭った感じの音とは正反対のクリーンで素直な音です。

弦のニュアンスを伝えやすく、ノイズも拾うので使いづらいかもしれませんが、パワーのある弦にパワーのあるピックアップと云うのは如何なものかと云う気もします。

とは云うものの、こういうスタイルのベースはほぼ販売されていませんから、難しいかな。


詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年01月02日

28弾は Nardan No,100 です。


コレは興味を持ったショップ(京町家のギターショップ ライトニン)さんで、購入したものです。

1960年代のモノですがショップのメンテナンスが良いせいか、かなり綺麗で部品の欠品も無く、良い状態を保っている個体だと思います。 

DSC_1987

とにかく音がデカイ、そしてチューニングが合います。

現在でもちゃんと使えるギターです。

しかし、サイズもデカイので自分には弾きづらい大きさなのが問題ではありますが・・・

音がデカくて中高音もパッと前に出る上に、このサイズなので低音もありますから、聴く側にとってはかなり聴きやすい判り易いストレートな音を持っていて、聴く側の評価が高いギターです。

アコギを何種類か交換しても、聴く側には何で替えたのか判らない様な、自己満足的なプレイヤーの押し付けがありますが、コイツはちょっと違うと思います。

実際には深みのある倍音成分やコードアタックの瞬間の響き等のインパクト等は、気にしないでメロディを追っていける様な印象が在って、初期のピックギターの役割である、ビッグバンド内でリズムをキープしたり、他の楽器に打ち消されないと云う役割はしっかり果たせるモノになっていると思います。

しかし、安く、程度の悪いナルダンが中古市場に出回り、安いが故に何にも判らない人が購入するケースも多い為に、このギターの正当な評価がされて来なかったのだと思います。

かと云って、このブログを利用して高く売りつけてやれと思われるのは、最悪ですから、困ったものですが・・・


こいつにピックアップをぶら下げて、ジャズ系のプレイをするのは、きっと楽しいのでは無いかと思いますね。

自分はジャズはルイアームストロングしか聴かないので、ギターについてはイメージしかないですが、なんだかブルースの匂いはしないですよね。

日本産の楽器は良いものも沢山あるのですが、ブルース系の音楽には何故か向いていない様に思えます。

多少フレット音痴でもこの音なら!!と思うギターがアメリカのオンボロ楽器の中には在りますが、日本では音程がしっかりしていても、音楽としてと云う観点から見ると、何かが足りないと感じさせる部分がありますね。

元々このギタ-も Super400も、マーチンのシャリーンとかギブソンのガリーンと云う音を目指したモノでは無いですし、フラットワウンドとかを使うプレイヤーに向けているギターなので、判断の仕方は違うのではないかと思います。

合板と云えども、このギターの場合は、ペラペラのベニアを使ったフォークギターとか云うものと違って、トップがペンペン三味線の様に鳴ったり、弦鳴りだけで箱が鳴らない様なものとは違います。

まあ、これくらいの違いが判る耳になってから、古いモノには触れて頂きたいですね。

そうでないと、単なる大きなゴミになってしまい、残せるものも残せなくなります。 使い捨て社会で、新製品で回転させることが経済を活性化する事も在りますが、クルマの様に税金を取られる訳ではないので大事にさえして貰えればイイんですがねえ。

オークションやネットで人気が有るとなれば、調子に乗って自慢したり、価格を釣り上げたり、悪評を聴けば一緒になって馬鹿にしてみたり・・・

そんな目的の為に楽器は作られてきたのでは在りません。

文句を言う前に弦を替えてチューニングをしましょう。

そして、自分のレパートリーを1曲増やしてみたり、CDに合わせてメロディーを弾いてみましょう。

他の楽器が鳴っている中で聴く、自分のギターの音はどうですか?

聴き取り易いですか、高音の倍音成分はアンサンブルの中でちゃんと聴こえてきますか?

 

そうして、あなたの楽器を活かす為に中古のスタジオモニターと今は全く人気の無いオーディオアンプを繋いで、それなりの音楽が鳴る様に出来れば、あなたの楽器がどんなものでどうすべきか、そして、自分は楽器に何を求めているのかが少しずつ判って来る様に思います。

併せて弾けば、チューニングも大事ですし、フレット音痴も気になります。

楽器の音質、リズム、操作性、大事な事が見えて来る筈ですよね。

その中で必要な楽器や求めるあこがれの楽器が見えてくるとイイんじゃないかと思っています。


詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年12月30日

27弾は Fender Japan ST57M です。


実際には11弾で紹介した ST-314-55 なのかもしれませんこちらもスパロゴ57ストラト的な作りになっています 

ST57Mだと仕様はかなり合うのですが、時代的に違和感があります、そんなに昔から作って居たんだしょうかね。

実際にはボディサイズを確認して、ボディも若干小さくなっていればST57Mの筈です。

ST-314-55はボディサイズは小さくなっていない筈ですから。


DSC_2090

久し振りに弾いてみると、ネックが細身で見た目は悪いけど、その割には弾き易いですね。

古い弦なので、高音域の伸びなどは判りませんが、弦を替えてブリッジとバネを調整すれば、音はともかく弾き易い感じには出来そうです。


成毛滋のアイディアから始まった、ミディアムスケールストラトは現在も生産されています。

彼の想いの一端を少しでも感じられたら、なんて考えるのもたまにはイイかもしれません。


詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年12月28日

26弾は KAWASE MASTER M75 です。


日本初のマーチンギターを販売を行った事と、当時最高のクオリティのギターを制作している会社である、カワセ楽器さんのギターです。

吉田拓郎がマーチンをまだ買えなかった頃に使っていた等の逸話が幾らでもある伝説のメーカーとも呼べるカワセ楽器ですが、現在も神田小川町でスキーショップに囲まれながら、同じ様に楽器を扱っています。


MASTERシリーズはカワセ楽器のアコースティックギターの製品で大量生産ではない為に年間60台程度であったらしく、このM-75の画像はネット検索では出てきません。

購入時にはネックが起き気味で弦高の問題も在ったのですが、長期間ネックを休めたところ、使える角度に収まってきました。


なんでそんな事してるのかと云うと、このギターはトラスロッドは入っているのですが、マーチンが昔使っていたSQネックと云う、四角のロッドをネックにぶち込んで絶対曲がらないと云う事を前提に設計したシステムを使っているので、ロッドを廻すとかで調整すればイイという訳では無いんですね。

DSC_1924

現在のコンディションはかなりイイですよ。(弾き手としての判断です。)

低音はD28の様なパワーが在って、硬いアタックの強い音です。

この硬い低音と云うのは、今までで経験が無い様に思います。

ブレイシングがスキャロップ化されていないのに、時間の経過で鳴る様になってきた事でこの音質にたどり着いたのかもしれません。

スキャロップブレイシングのギターの方が多く持っているせいなのかもしれませんね。

ドレッドノートで単板、この造りで3~40年経過していますので、丁度イイ時期ですね。 楽器として完成される時期です。

やはり、かなりマーチン的なサウンドで、知らずに弾いたらD28だと思ってしまうでしょうね、それも最近のものではなくて。

こうして、紹介の為に写真を撮ったり、情報の確認の為に検索をすると、かなりの時間をそちらに取られてしまうのですが、自分の楽器を再度見つめ直す事が出来、再発見がたくさんあります。

楽器を幾つかお持ちの皆さんにも自慢の楽器の紹介をしてもらえたら、嬉しいですね。


最近思うのですが、木材などの善し悪しは過去に名器に使用されたという事もありますが、実際にはその時代に手に入れ易くて、性能が良いモノが選定されている訳で、ハカランダやホンジュラスマホガニーやアディロンダックスプルースがベストだと考えるのは短絡的な発想でしかないと思います。

昔はデータも少なくアフリカンマホガニーを見つけたとしても、ホンジュラスマホガニーを購入するよりも高価になった可能性もありますし、性能も上の材料も在るのかもしれません。

だからと云って、最近見付けられたの材料が全て良いと云っている訳では在りません。

楽器が完成するのは、制作後30年は掛かりますから本質的な判断は未来の人に任せるしかありませんが。


何を基準に楽器を評価しているのか、そこが問題です。

それは、自分の耳で聴く以外はありません。

そして、自分の腕が上がる事によって耳は鍛えられ、合坂のギターとの差も判らなかったのに、腕を上げることで、合板ギターから三味線臭いペラペラしたアタック音を感じる事ができる様になると思います。

しかし、問題なのはこう云った楽器の場合、店で弾いてもさっぱり判らない事が多いです。 実際には自宅で他のギターと比べてみたりしないと判らない事だらけです。

思い込みや自己満足も結構ですが、楽器の作り手の気持ちを考えると、判らない奴に弾いて欲しくないじゃないですか。

巧くなくても、楽器に対して真摯に向き合って、嘘の無い音を弾くと云う事が大事なのかと思います。

特にアコギは嘘が無いモノが多いですからね。


エレキに関しては滅茶苦茶な情報が当り前の様に正論ぶって大手を振ってまかり通っているので、酷い事だらけですが(アコギもそんなに変わらないか?) 実際に弾いて判るのはアコギです。

エレキはアンプが5割以上の比率で音の主導権を持っていますし、ギター本体では弦が5割以上の主導権を持ってます。

そんな物を知らないアンプで5分弾いたからって、本質的な事が判る人はそれ程居るとは思えませんね。

まあ、エレキの話は別の時に・・・・







詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年12月27日

25弾は GRECO GOⅡ750 (2) です。


GOⅡ700は2本目ですね。

一応部品取り用のつもりで手に入れました。

メイプルの指板は弾けない、と云うか、指板に塗装がされていると指先がペタっと張り付いてビブラートとか掛けられないので・・・特に古いフレットの低いギターはその傾向が顕著に現れますので、苦手です。

メイプル指板がOKな人は汗かかないんですかね?


1本目との違いは、木材の材料が違い、明るい色の木の配色になっていますね。 それと何故か指板のポジションマークがアバロンになって、チョイ高級感を醸し出しています。

DSC_1698

ギター好きの人間達はUSA製のギターに憧れて、是が非でもフェンダーかギブソンと云う事もありましたが、こう云った機種を見てみると、もしギブソンがGOⅡを作ったら販売価格は幾らになってしまうのかと妄想する事があります。

どう考えても50万を下る事は無いと思いますし、こう云ったギターは各国に在りますが、これ程までのクオリティと価格のコストパフォーマンスは日本がどの国にも優っています。

海外では、そう云った部分に着目出来る人間が居るようで、日本の古いギターをどんどん購入してコレクションしてくれている人達がいて、いろんな調査もしています。

日本でもそういったブームも起きていますが、それも逆輸入から始まった事で、淋しい限りです。

浮世絵の例を述べるまでもなく、自国の文化や自国の人間が造り上げてきたものに関して、キチンと向き合う事が出来ない民族なのでしょうかね?

誰かの意見に左右されて、自分の意見の様に思い込める異常な人が増えてきた様に思います。

ネットのせいで、目立ちやすくなっただけなのでしょうけど、腕を磨いて先人の残した文化に触れてみて欲しいものです。

楽器なんだから音が良くて弾き易ければ、それが最高じゃないですか。

この国にはそんなものがゴロゴロ転がっているんです。

先入観を捨てて、自分の目と耳と心でギターに向き合ってみて欲しいのです。






詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年12月26日

24弾は G&L S-500 Tribute  です。


レオフェンダー最後の会社のギターと云う事で、正当なストラトの進化系はどう云う方向性だったのかと云う想いがよぎって手に入れてみました。

なんとなくデカイ感じは、アメスタを見た時と同じ様な印象があります。

そして少しネックが太いかなあ、指板もフラットに近いRが少ないタイプです。

G&L S-500には。USA製と日本製とインドネシア製があって、部材などに違いが在りますが、ピックアップ等はUSと同じものなので試すのには丁度いいインドネシア製の製品を手に入れました。

DSC_1875

確かにストラトの足りない部分を補って余りある内容のギターで、ある意味これがストラトの完成形のひとつなのかもしれませんが、困った事に見た目がほとんど同じなのに、なんだかとっても弾きづらいんですね。

もとからRが強いネックやスキャロップしか弾けないのでしょうが無いんですが、取り回しもなんだか重たい様な気がするし、困ったものです。

ネックを交換しちゃおうかなあ。

まずは、トレモロのシステムを詳しく調べてみて、アップダウンのストロークが取れそうかどうかが先ですね。


音は全体的に高音が倍音も含んだキラッとした感じのサウンドでしかも、サスティンもパワーもあるので、きっと使い勝手がいいギターなんだと思います。

まあ、今のところ自分には弾ける感じが全くしないのが問題ですが・・・


確認の為に昨日弾いてみましたが、アメスタよりも音がぶっといですねえ、MIXも出せてローカットが効くのでかなりのクリーントーンも同じセッティングで可能です。でも、枯れたというか軽い感じの古めのストラト等の音とは違いますけど、ある意味実践的なギターなのではなかろうかと思いますが、何かちょっと気に入らないんですよね。

ネックは自分の手には最悪と云う事は除いてですけど、でも、アンサンブルの中に入っていろんなモノを調節出来ない様な環境の中でも、自分の音を埋もれさせずにコントロール出来るギターではあると思います。

手がデカくてフラットな指板がOKな人にはいいのかもしれないですね。

やっぱりネック交換しちゃおうかなあ、でもアームのストロークが少ないんだったなあ。


詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
livedoor プロフィール
記事検索
最新記事
最新記事(画像付)
BOOGIE WINGS
DATAEAST
HONGKONG
怪奇大作戦
マイティジャック
Great race
ウルトラQ
WILD7
ギャラリー
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
Googleページランク
ページランク表示