御意見等在れば、お願い致します。

2014年06月29日

今回は、通常とは別なテーマで書いて行こうと思います。

このテーマには色々な思い込みや、幻想と向き合う事でもあるので、 何度も手を入れることになると思います。


これ以外にも、合板、魂柱、ビンテージ等のテーマも考察していくべき課題ではあると思います。


DSC_1346

木は何で構成されているか?


木材の主成分は多糖類であるセルロース分子が作るミクロフィブリル(約50%)やヘミセルロース(含キシラン・グルコマンナン、約20%)、リグニン(広葉樹約20%、針葉樹約30%)を主成分とし、副成分としてテルペン、タンニン、リグナン等を含む 



骨格となる長鎖状のセルロースは木材に強さやしなやかさをもたらし、網目状のリグニンは細胞を接着させながら硬さ・曲げ強さを与える。分岐状のヘミセルロースはセルロースとリグニンを結びつける機能を受け持っている



と、云うのはwikipedia の、受け売りですが、セルロース、ヘミセルロース、リグニンの3つの成分と水の4つの要素と考えて良いと思います。



つまりこの中の要素が時間的な変化により何が起こるのか、コレが判れば古い楽器が良く鳴る様になる事の答えに近づける筈ですよね。




実際には完成時が一番良い状態に近い筈なのに、実際にその楽器が本当の能力を発揮するのは、そこから30年以上経ってから・・・


実際には、そこまで持たない様な楽器もありますが、それはここで語る事では無いので割愛しますが、


ギター作りを始めた当初はともかく、 作り手の中に何年も経った楽器の方が鳴ると云う事に気付くんですよね。


既にバイオリンやクラシック楽器で知られている事では在ったとしても。


問題はここからで、何年も持たせる為の作り方を研究し取り入れていく訳です。

交換すべきパーツは交換し易く。

まあ難度は高くても、基本的にはすべて分解できる様に接着材も選択されています。


この楽器が作られてからの過程を見越した制作が、やはり70年代の日本製の楽器には足りていないモノが多かった様に思います。


しかし、最近は資本主義の魔の手が全てを飲み込み、新しい楽器には長い年月を隔てて完成すると云うビジョンが薄れている様に思います。


そう云えば、最近の楽曲に入っているアコギの音も昔と比べるとかなり悪いモノが増えてきていますね。


DSC_0857

録音環境が簡単で楽になった事によって、収録は簡単になってきたのですが、実際に生音を録る為には、少々物足りない環境である事と、収録する者や、演奏者がアコギの良い部分の音を元々知らないと云う事が挙げられると思います。

シンセサイザーが登場した時代に、冨田勲がオーケストラをシンセの多重録音で再現すると云うレコードを作り一世を風靡しましたが、それは元の音源や楽器の事を知り尽くしていたので出来た事であり、知らなければ出来ない事です。

現代ではオケの楽器の音階も知らないプロが溢れかえっていますが、如何なものでしょうか?
結果が良ければ文句はありませんが、ダサい音を聴かされるのは迷惑ですね。

DSC_1969
まあ、その辺りの事は置いておくとして、木材で作られた楽器は木の性質からして、この性質の変化に伴い良く鳴る様になって行く訳ですが、セルロースは針葉樹の方が広葉樹よりも多く含んでおり、針葉樹では木材質の23~33%、広葉樹では16~25%となりますので、広葉樹の木材の方が経年変化によって鳴るという件に関しては少ない傾向にあるようです。


しかし、だいたいの場合スプルース(松系)や、メイプル(楓)の様な針葉樹で制作されるケースが多いですから、知識としてだけ認識しておけば良いと思われます。

よくエレキが鳴り始めた等と云われる事がありますが、その場合は木の変化では無いでしょう。
分厚い広葉樹のボディに何の変化が起こるのでしょうか?
アコギは1mm~最大でも3mm以内の厚みの板が反響によって振動するのですから、根本が異なります。
ハウリングやフィードバックの問題を考えれば、ボディはアコースティックギターの様な振動はしない様に工夫されて作られています。

 






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年04月20日

第40弾は 2本目の Fender USA American Standard Stratocaster です。

前回のモノにかなり近い時代のモノですが、こちらはJeffBeckモデル同様ツイードケースでしたので、こちらの方が少し新しいかもしれません。
見た目は、殆ど普通のストラトですがカスタムはいつもの様に多少してあります。
上から順に
ペグはロック式のシュパーゼル
カーボンナット
ステンレスフレット
スキャロップドネック
ピックアップ 
DiMarzio DP117 HS-3
TBXコントロール
に、なります。

DSC_2747
チューニングが安定して、トレモロの効きが良く、ノイズの少ないストラトは弾いていて楽しいですよ。

いざと云う時でもTBXが付いていますから、アンプをいじる前にギター側での調整もある程度は効きます。

でも、JeffBeckモデルやTOKAI-MATを弾くと、ハイポジションがやはりどうしても弾きづらい。
ヒールカットはしたいところですねえ。
オレはアメリカ人みたいに手がでかくないからねえ。

音色的には、何か優等生過ぎて少し物足りない部分は感じるけど、実践ではかなり使い易いモノになっていると思えます。

ストラトは不安定な部分も魅力と云えば魅力だからねえ、ちゃんとしたストラトは大事だけど、ちゃんとしちゃうと何か物足りないって云う、無いものねだりが出てきてしまうのかも知れない。

色んな事を試せるTEST用のピックガードでも作って、色んなピックアップや配線の切り替えが出来るモノとか作ってみようかとも思ってます。
そういった面でもストラトは便利だよね。

詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年03月28日

第39弾は Elioth S507 です。

今は品切れなのか、市場にはありません。
スペックが面白そうなのでNET販売で購入してみました。

スペックは

北米産のアルダーボディ
メイプル・ローズ貼り 22Fネック
ロックペグ付き
フロント×ミドルピックアップ Seymour Duncan SSL-1
リアピックアップ Seymour Duncan TB-4
トレモロブリッジにはLR Baggs X-Bridge風ピエゾピックアップ
これで、4・5万程度の価格です。
薄利多売にも限度が在るよね、なんて思いますが、弾いた事もないのに文句を云う輩が矢鱈と多いこのメーカーですが、弾いてみないと判らないよね。
YAHOO知恵袋なんかだと、弾いた事も無い人が、ダメだとか云っていて、お前の方がよっぽどダメだろうと思う今日この頃です。


DSC_2667

弾いてみると、ネックが自分には平ったくて幅がある感じなので弾きづらいですね。
とは云うものの、殆どのギターが弾きづらいのでネックに関して誰の参考にもなりませんが・・・

全体の印象ではSeymour Duncanのマイクの音が少し甘くぼけた感じです。
フェンダーをいつも使っているからなのでしょうか?
高音域が落ちるというか弱く感じますね。
そう云うピックアップは大ボリューム向きの場合もありますので、もっとでかい音でも試してみましょう。

しかし、3つのマイクのバランスも良く、特に高音域の伸びは気持ちいいです。 18Fあたりをチョーキングしてると、いい気分ですねえ、安い楽器だとは思えない伸びのある感じですよ。

低域はもう少しあっても良さそうですが、太さは感じられ無いかなあ、でも、もっと高くてもこれより悪いものもありますからね。

そして、ピエゾですが、簡単にMIXも出来る切替式なので、ボリュームを他のピックアップに合わせておいて、必要時に切り替えると云う使い方になると思いますが、操作に関しては非常に便利です。
しかし、この場合完全にクリーンなアンプに同時に切り替えないと全く意味がありません。

ドライブしているアンプにピエゾで繋いでも、歪んだロングトーンが出るだけで、単に4つめのピックアップと云う使い方になってしまいます。
SWBOXでアンプを切り替えるとかしないと、アンプをドライブさせて使っているプレイヤーには向きません。
実際にはピエゾは別系統で出力するのが理想ですね。
同じ出力に混ぜると使いづらいのは間違いありません。
録音などではイイでしょうが、実践的ではありませんね。

個人的にはピエゾの音が大ッ嫌いなので、あまり気にはしていなかったのですが、それはあくまでアコースティックなサウンドとかの売り文句と実際のエレアコから出る、ゴリゴリ、プリプリしたゴミの様な音をアコースティックサウンドとか謳っている連中やメーカーが頭がおかしいんじゃないかと思ってましたよ。
最近は2つマイクを仕込んでプリアンプで調整したりして、徐々にアコギらしいサウンドの出るモノも出てきましたが、初期のオベイションやタカミネは最悪でした。
プロのミュージシャンでも当り前の様に酷い音を平気で出していて、偉そうにオリジナルのギターを作らせておいてこのザマかと感じざるを得ませんでしたよ。
でも、クイーンとポールマッカートニーはオベイションでもアコースティックらしい音を出していて驚いた記憶があります。
マイクで拾ってたんですかね?

ピエゾでアコースティックらしいサウンドを作るのであれば、その仕組みはコイル式の電磁ピックアップでも同じ様なサウンドは出せますので、今回のピエゾはアコギ的な使い方には向いていません。

しかし、4つめのピックアップだとして使うと、電源もあるので音も伸びますし、普通に歪んだ音でソロを取ることも可能ですので、ブレンド用に使ってみるのは面白いと思います。
ピエゾのみの場合他のピックアップよりもシャープなサウンドなので使い勝手は在ると思いますよ。

この価格でよくぞまとめあげたなあと思える、驚愕の一本である事は間違いありません。
このギターの良さは10万程度のギターを弾いている様な人でないと感じられ無いでしょうね。
まあ、初心者は何を持っても判断は出来ないんですけどね。

部品以外はきっとクソだと思い込んでいるヘンテコな人も沢山いますが、このギターのボディは3ピースでは在るものの、なかなか良さそうですよ。
仕上げもいいし加工も、それに結構軽く、アッシュならライトアッシュが有りますが、アルダーでこの軽さはなかなか無いです。
まあ、加工はNCルーターですから、作ってる人の技術とか魂込めるとか、そう云ったオカルトの類は電気ギターにはありませんから悪しからず。

SWやボリュームを替えても大した出費にはなりませんから、その辺を交換して楽しく使ってみても良い気がしますね。

自分はネックを替えないと弾けないんで、ちょいと面倒ですが・・・ 
詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年03月08日

今回も趣旨を少し変えて考察してみましょう。
(思い付く度に加筆していこうと思います。)

今はメインで一番使うギターですが、初めてエレキを買う時には全く選択肢に入る事のないギターでした。

何しろ、メインパーツがプラスチックでネックがネジ留め、デザインは当時としてはやたらと派手に見えたものです。
それでも楽器か? 

そう思えたもんです。
それに比べて、バイオリン仕上げのトップの削り出しも深いタイプのレスポールの方がしっかりしているし、多少なりとも楽器に近いモノのように見えていました。

しかし、エレキの開発の理由と現在の使われ方のギャップと同じで、初心者で理詰めで入って行く者には、使ってみるまで判らないものであったと、云えます。

DSC_0908
でも、写真のビルローレンスはピックアップの個性があまりにも強いのでボディ材を多少替えても、判らないかもしれませんね。
大音量用のピックアップなのでしょうか、ボリュームが抑え気味だと鼻に詰まった様なサウンドですが、めちゃくちゃデカくすると抜けてきます。
チョットこのギターは特殊かもしれません。


 
詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年02月20日


第38弾は MARTIN D-45 です。

確か1993年製のレギュラーモデルです。
出来が良いといっても、コピーモデルばかりが集まった処で然程の意味も為さない為に、一応楽器を始めた頃に憧れていたD-45を手に入れようと、御茶ノ水を歩き回り、手に入れたいモノと手に入れられる予算を考えながらチェックしてましたが、結局購入するまで半年ぐらい時間が掛かりましたね。
古いモノはまた違うのでしょうが、現行のギターの中でもD‐45は倍音や出音が弾いている人間と聴いている人間でかなりの違いが在ります。
弾いてもらうと、簡単に弾いても倍音とその煌びやかな感じは圧倒的に感じられるのに、自分で弾くと倍音は聴こえるものの他人が弾いたものと比べるとかなり落ちます。
反対に低音は直接バックやサイドから、身体に響いてきますので、弾いている本人は低音は聴く側よりもより強く感じられます。
とにかく高音域の成分は前方に飛ぶ様です。
倍音といっても、今まで紹介して来たものとは違って、通常に感じる倍音の更に上の音程の響きが在り、他の響きと混ざり合うので深く広がりの在る音と云うんでしょうか、厚みと深みの次元がチョット違いますね。
コード弾きで多数の弦を鳴らす事で、音の混ざり合う具合が最大に引出されるので、ジャーンと弾きたくなりますね。 
DSC_2612
これを手に入れて、弾き手と聴手で印象の大きく異なる楽器が在ると云う事が初めて判った気がします。
これは、ホントにある程度アコギに触れていた上で比べない限りきっと判らない気がしますね。
このギターが他とどう違うのかと一言で云うとすれば、脆い、ということでしょうか。
トップに最良の材料を使用し、それをギリギリの強度まで調整する事で初めて出るサウンドがある様ですね。
日本製でトップが脹らむ様なギターはありませんし、そうならない様に作るのが仕事のあり方であると考えているのだと思われますが、その先に別の答えが在る事に気付く事は出来なかったのでしょうかね。
まあ、現段階ではそう云う事を乗り越えた日本製のギターに出逢ってないと云う事だけだとは思いたいですが、日本の湿度の問題等を含めて考えると、そこの強度の問題と云う事があるが為に、マーチンの答えにたどり着きづらい環境であるかもしれません。

これだけの押し出しが在って存在感が凄いのに、本体は驚く程軽いですね。 やはり、鳴らす為にはそうなるのでしょうね。
しかし、その反面サスティンが非常に長いです。
力学的にはそうならない筈ですが、自分の出している音に共振してサスティンが伸びている様に思えます。

しかし、困った事に自分にとってマーチンのネックはとても相性が悪く、日本製のものと比べるとかなり弾きづらいネックですね。
幅も広くコードを押さえ易かったり、しっかりしているのですが、サイズが合わないんですかね。

コードストロークのサウンドが凄すぎるせいで、単音弾きのソロや他のプレイとの落差が大きくて、弾く側としてはそのギャップやコードの響きに負けない様な音作りに精神的にやられてしまいそうです。
実際には高音域を活かしたプレイはTF-150の方がやり易く、低音域を活かしたければYAMAKIの方が使い易いと云えます。
しかし、あまりにもコードストロークが凄すぎるので、手に負えない感じとも云えますね。
聴手側からの判断を最終的にはしたいところですが、結局自分のプレイですからね、これはめんどくさい事になりました。

そう云えば弾き手、聴手による違いとかも、NET上にも書籍にもありませんね。
同じに聴こえているんでしょうかね?

コードひとつで判りますから、誰でも判る簡単な事の様にしか思えないのですが、どうなんですかね?

自分は弾き込む事で音が良くなるとは思えないので、このギターもセルロース化が進んでいく事による強度UPと鳴りの変化を楽しみたいと思っています。
まだ、作られて20年ですから、もう10年程度はしないと完成したとは云えない状態ですからね。
アコギは本当に変化していきますから面白いです。

予算的に、この先には行きたくても行けないですねえ。

しかし、云える事は楽器を活かした演奏をしない限り、他の楽器と然程の違いは判らないという事です。
やはり、ギリギリの調整で作られてるモノは、こちらもそれに合わせてプレイする事が求められる様に思えます。
高いお金を出した上に、演奏方法を縛られる様なこの威圧感には、結構ギターには慣れてたつもりの自分にも押潰されそうな感じですね。
何にも気にせずに弾けますが、それだと45の音だと伝えきれないんですよね。
古いギターはもっと凄いのかなあ?
そのせいで、弦の太さも弦高もピック、ピッキング全てベストを求められるし、その上で45のサウンドが成り立っていると云う事が理解できるので、ギターに弾かせられてる感覚が異常です。
凄いサウンドが頑張れば出ると云う事は天からの恵と云えるべき、信じられない喜びではあるのですが、こんなに疲れる楽器もありません。

つまり、金だけの力では最高の音には近づけないと云うのは、素晴らしい事実です、それを活かす事ができる腕がない限り、イイ楽器からも大した音は出せないって事と、イイ楽器を選ぶのも、腕がなければ出来ないってことですね。

*おまけ*
購入に半年位かかりましたが、D-45が世界で一番多く集まっている街が御茶ノ水、神保町界隈なんですよ。
外国の楽器屋には1本も無いのが当たり前で、こうやって比較ができるのも、この街ならではの事でもちろんお膝元のアメリカにもそんな場所はありませんよ。
それだけ客が居ると云う事なんでしょうが、耳と腕はどこまで来ているのか? カタログや文面が大好きな国民ですからね、自分の観察力を磨くと云う事をもう少し考えてもらいたいものです。






詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年02月04日

第37弾は Fender USA American Standard Stratocaster JeffBeck Model です。

これは、普通のJeffBeckモデルでカスタムショップとかではありません。
アメスタとの違いは、ナット、ペグ、ピックアップ、ネックのヒールカットとリアピックアップのトーンをミドルのトーンと併用してコントロール出来るという事です。
JeffBeckモデルが出る際にオリジナルはネックがぶっといと云う話があったので、そうだったらやばいなあと思っていたのですが、フェンダーもさすがにそれはまずいと感じたのかネックはCシェイプなんですかね、ハイフレット部分にやや厚みがある感じで、自分の好みとは違うものの結構握り易いネックです。 Uシェイプのネックは掌の親指の付け根の部分に妙に当たって弾きづらいので・・・
DSC_2565
簡単に云えば、ストラトの完成形ですかね。
アームもちゃんと使えるし、リアもトーンが効くし、ノイズが少ないし、ちょっこと太い音。
これも、アームは調整されずに納品されるのですが、その程度はやってもイイかなあって思えるくらいで、本当に普通のストラトですね。
ギブソンしか持った事のない人なら、素直にそう思うでしょうね。
ほかのストラト持たされたら、チューニングもコントロールもテンションも訳わかんないですからね。
この仕様でサンバーストの黒ピックガード出しくれたらスキャロップするだけで使える様になるのになあ。
コントロールはTBXの方が好みなので、色々微妙では在りますが、使えるストラトである事は確かなので、白いギターが嫌いじゃない人は手に入れても損しない楽器だと思いますよ。




詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年02月03日

第36弾は Morris TF‐150 です。

モーリスはCM等のイメージや友人のギターを弾かせてもらった時に、これは違うなあと感じて一切このメーカーに興味を無くしていました。
店で試しに弾いてみた時はかなり驚きましたね。
とても澄んだ高音域とキラキラした倍音が錆びている弦から響いてきました。
しかし、弦高は高くテンションもキツクて、トラスロッドは効くだろうと思って購入したのですが、トラスロッドはもうパンパンで回りません。

そこで、殆ど初めてですが一応NETでモーリスギターを探して相談のメールを入れました。
この頃は既にハンドクラフトの製品しか作っておらず、一斉を風靡していた頃とは様子が違っている様でしたが、楽器を送ってくれれば見積もりを出すと云う事と、モーリスから送る際は他の商品と一緒に送るので送料はいらないと云う事で送りました。
程なく、思っていたよりもかなり安い見積が届き修理を依頼し完成しました。
弦高は下げたかったのですが、モーリス社の規定で1,5mm(12F)と決まっているので、それ以降はユーザーにお任せとの事でした。
DSC_2527
メーカー修理で蘇ったTF‐150は低音は、ボディのサイズでカバーして高音域に振ったバランスのギターでコードの響きに艶が在ります。
購入後10年以上経った今は、更に高音域に磨きが掛かった印象で抜けの良い音と弾き易い楽器になってきました。
メーカーの印象を大きく変える事になった1台です。

詳細はこちらからどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
livedoor プロフィール
記事検索
最新記事
最新記事(画像付)
BOOGIE WINGS
DATAEAST
HONGKONG
怪奇大作戦
マイティジャック
Great race
ウルトラQ
WILD7
ギャラリー
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • TBXの使い方
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
  • ネックについて考える(追記しました)
Googleページランク
ページランク表示